現在位置 病院の活動2 

慈恩の里デイサービス職員に向けた研修会

慈恩の里 デイ研修講師 010 慈恩の里 デイ研修講師 002
平成30年11月20日 当院の理学療法士が、隣の施設(慈恩の里)にて行われた研修会で介助者への適正なアプローチについて講師を務めて参りました。

 

医療安全管理研修会

医療安全研修会 005
平成30年11月7、14日 外部講師をお招きして医療安全管理研修会を2回に分けて実施いたしました。テーマは「せん妄について」です。少しでも不安な気持ちや混乱をさせないように的確な対応が求められます。

 

無料健康相談

DSC_7630[1] DSC_7631[1]
平成30年11月4日 帯広の森コミセンにて開催された「帯広の森コミセンまつり」に無料健康相談コーナーを開設して、地域住民の皆さんへ日頃の健康管理等についてお話をして参りました。今年も看護師、理学療法士、管理栄養士が参加しています。

 

無料又は低額診療事業研修・リスクマネジメント研修の合同開催

 

摂食嚥下研修会 007 摂食嚥下研修会 011
平成30年10月24日 口腔ケアの実践についてをテーマに研修を行いました。

 

防災訓練

防災訓練 008 防災訓練 014
防災訓練 021 防災訓練 026
平成30年10月17日 今年度2回目の防災訓練を実施しました。先般の胆振東部地震を受けて”まさか”の時の対応には日頃の訓練と心構えが必要だと再認識しました。当院はブラックアウトの影響で丸2日半の間、停電となりました。訓練の成果は発揮され、備蓄している燃料で発電機を回し、電源を確保して事なきを得ました。他者に頼らず自立する事が強く求められていると感じ、これまで概ね3日分と言われてきた食料・水・燃料・暖房などの備蓄を大幅に増やして参ります。

 

♪敬老会♪

024 009 - コピー
083 089
平成30年9月27日 恒例の敬老会を開催いたしました。ボランティアでご協力いただいた「藤芳会」の皆様、ありがとうございました。今年も楽しい時間を過ごせました。

 

院内感染研修会

036
平成30年9月21日 外部講師をお招きして「インフルエンザへの対応策」について研修を行いました。感染拡大の一因は私たち医療従事者によるものが大きいとされています。気を引き締めて行かなくてはなりませんね。今年もワクチンの製造数が少ないとの情報があります。早めの予防接種と共に、手洗いの励行に努めましょう。

 

職場体験

士幌高校 実習生 017 士幌高校 実習生 024
平成30年9月18日、19日 上士幌高校の生徒さんを受け入れて「看護師職場体験」を実施いたしました。看護師は大変な仕事ですが、命と健康を守るとても尊い仕事です。しっかり勉強して資格取得に向けて頑張ってください。

 

出向研修

出向研修 (3)
平成30年8月21日、22日、23日 真宗協会は法人内施設での職員交流研修を実施しています。今年度は至心寮より、当院支援相談部門での研修希望があり、受け入れました。他施設の様子を知ることで自施設での仕事の参考となるケースがあります。

 

ポジショニング勉強会

ポジショニング研修会 005 ポジショニング研修会 011
平成30年8月22日 外部講師を招いて、正しい仰臥姿勢への誘導について研修を行いました。

 

ストーマ研修

IMGP1039
平成30年7月25日 外部講師を招いてストーマ(人工肛門、人工膀胱)の管理等に関する研修を行いました。

 

レクリエイションの風景

リハビリ レク 006 - コピー
平成30年7月18日 看護師や介護員によるレクリエイションに加えて、作業療法士によるレクリエイションを新たに実施しています。すこしでも、ベッドから離れて活動が出来るように色々な工夫を行っています。

 

札幌医科大学 臨床実習②

札医大 017 - コピー 札医大 005
平成30年6月21日 5月24日に引き続き、札幌医科大学の地域包括参加型臨床研修を受け入れました。札医大6年生2名、女医さん候補生です。将来は麻酔科、産婦人科をそれぞれ専攻していきたいとのことでした。医師の世界はまだまだ男性社会ですから、様々な壁にぶつかることもあろうかと思いますが、立派な医師になれるよう祈念しています。

 

認知症研修

認知症研修 014  認知症研修 004 - コピー
平成30年6月19日 看護介護部の認知症研修の様子です。認知症ケア講習を受けた職員によるフィードバックとグループワークを行って、問題となるケアや日々の悩みなどを共有します。

 

医療安全管理研修会

虐待防止について 014
平成30年6月13日、15日  外部講師を招き、今年度1回目の医療安全管理委員会の研修を行いました。テーマは「虐待」についてです。患者さんを守るべき私たちは常に意識していかなくてはならないことです。当たり前のことが忘れ去られてしまうのは避けなくてはなりませんね。

 

ハラスメントについて

いじめについて(講師、局長) 002
平成30年5月30日 パワハラやセクハラは許せない犯罪的行為です。当院ではそのようなことは絶対に許しません。理不尽な叱責や人格否定などはもってのほか!ただし、最近、世間では過度過剰に反応してしまい、指導やコミュニケーションにビクビクするケースも散見されます。まさに”羮に懲りてなます吹く”。命を預かる医療現場では常に的確な判断が求められます。相手をおもんばかり「愛」をもちながらも、厳しく指導に当たらねば患者さんの安全は守れないと思います。厳しい指導とパワハラとは月とすっぽんなのです。

 

札幌医科大学 臨床実習①

札医大 009 - コピー 札医大 011 - コピー
平成30年5月24日 今年も札幌医科大学の地域包括参加型臨床研修を受け入れました。札医大6年生2名が慢性期医療について学んでいます。地域医療の大切さを感じて立派な医師になって欲しいです。6月21日にも受け入れを行います。

 

研修会「食事介助・食中毒の基礎知識」

038 048
平成30年5月23日 新入職員を中心に食事介助方法について研修を行いました。併せて食中毒に関する研修も行い、患者さんの安全に十分に気をつけていかなくてはならいという認識を強く持ちました。

 

職業体験の受け入れ

芽室高校 008 芽室高校 009
芽室高校 017 芽室高校 050
平成30年5月11日 5月12日はナイチンゲールの誕生日。それでこの日を「看護の日」というらしいです。今年は芽室高校の生徒さん4名を迎えて体験研修を実施いたしました。ナイチンゲールの精神を持って立派な看護師になって欲しいですね。

 

辞令交付式

辞令交付式 061 辞令交付式 018
平成30年4月2日 辞令交付式を行いました。新たに入職され希望と不安がない交ぜになっている若い職員も、昇進昇格したベテラン職員も、一様に新たな気持ちで患者さんのために精一杯勤める決意を確認しました。

 

接遇研修

接遇研修 001
接遇研修 021 接遇研修 018
平成30年3月28日 看護部長らを先生に、接遇について学びました。長期療養の患者さんやご家族との関わりの中で、つい”親しき仲にも礼儀あり”の精神を忘れがちです。グループワークなどを行いながら具体的事例を課題に挙げて確認し合いました。言葉一つ・態度一つで相手の受ける印象は大きく変わりますよね。

 

熱帯魚の展示を始めました

水槽 004
水槽 073 水槽 004
水槽 046 水槽 025
平成30年3月23日 長期療養の患者さんは出かけようにもままならない状況です。しかも夏は熱射、冬は厳寒。このたび職員の提案で癒やしの空間を作って患者さんに和んでもらいましょうとなり、外来待合の一角に大型水槽を2つ設置して熱帯魚を展示飼育することにしました。水槽の中に可愛いお魚が泳いでいる姿を見ると筆者も癒やされます。筆者のお気に入りはエビちゃんとナマズ君。見てくれが派手で綺麗な魚より、せっせとコケを食べて水槽内を掃除する地味な彼女たちについつい自己投影してしまい応援しちゃいます。(人間も上辺だけ上手いこと言っているのはろくもんじゃないですよね)早速、外来患者さんはもちろん、入院患者さんやお見舞いのご家族が次々と足を止めて見に来ています。皆さんも是非、見学においでください!

 

平成29年度はこちら

平成28年度はこちら

平成27年度はこちら