第2回 広報誌コンテスト /></div>

<div class=

第2回 広報誌コンテスト

広報誌コンテスト
 


広報誌「きらきら」

最優秀賞老人ホーム 帯広信楽苑 作品名:『きらきら』

 帯広信楽苑の広報紙「きらきら」につきましては、前回も最優秀賞を得ただけに、他の施設を抜いて今年度も審査員全員が高い評価点をつけました。色々な配色を使いながらもくどくない色合いを感じさせ、読みたい心境に駆られる広報誌として目を引きました。ご利用者お一人一人の笑顔や表情がとても素敵で、施設での生活の様子や、職員との行事における温かさが伝わってくる事も高く評価します。最終面での閑話的なコラム記事は、ほのぼのとさせられ各施設においても参考にさせていただければよいかと思います。(審査員長 佐々木規子)

⇒ 作品を見る(PDFサイズ:約990KB)


広報誌「阿(あうん)吽」

優秀賞特別養護老人ホーム 帯広慈恩の里 作品名:『阿(あうん)吽』

 優秀賞の、帯広慈恩の里の広報誌「阿(あうん)吽」につきましては、「きらきら」にあと一歩及ばなかったのですが、施設広報誌として3回目の発行にしては、レイアウトや写真の掲載工夫が良くされていると思います。写真からも畑作りの苦労や、美味しそうな野菜の出来栄え成果が伝わってきます。特にミニトマトの写真は、とても美味しそうで、ついついとって食べたくなるほど生きている写真掲載だと思います。「阿(あうん)吽」の紙面1枚で施設での楽しい取り組みが伝わってきますので、各施設も参考にしていただきたいと思います。(審査員長 佐々木規子)

⇒ 作品を見る(PDFサイズ:約990KB)


ページ先頭へ